子育て

3歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

 

絵本ってたくさんあって、どれを選んであげたらいいのか分からない
子どもに絵本を好きになってほしいな。

3歳の子どもにおすすめの絵本を知りたい!

 

 

保育士5年以上の経験を持ち、

たくさんの絵本を子どもたちに読んできました。

 

子どもによって絵本の好みは様々ですが、

「この絵本は、いつでも子どもに人気だな」という絵本を保育士目線で紹介します。

 

定番の絵本から

定番を読み終えた方向けの絵本まで

 

保育士として子どもに読んであげたい絵本20選。

 

絵本の読み聞かせも楽しくなる。

プレゼントにもおすすめの絵本。

 

LiLIアイコン

この記事の作者

  • 保育士経験5年以上、現役子育てママ
  • 頑張らない育児なのに、子どもはバイリンガル
  • 自宅には絵本80冊以上

 

 

他の年齢のおすすめ絵本はこちら

2歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

続きを見る

5歳向け保育士のおすすめ絵本
5歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

続きを見る

 

 

3歳児の【発達・興味・関心】にぴったりの絵本を選ぼう

 

3歳は、

幼稚園に入園したり、

保育園では乳児クラス(0~2歳児クラス)から幼児クラス(3~5歳児クラス)になり

子ども自身も自分が「お兄さん・お姉さん」になったことを感じ、喜ぶ年齢です。

 

しかし、

まだまだ自分一人ではできないことも多く、甘えたかったり、わがままを言ったりする面もあります。

まさに、「お兄さん・お姉さん」への移行期。

 

集団での生活の中で、

自分のことを自分でやるようになったり、

友達との関係ができたり、

と成長も著しく、

1年経った時には「本当に大きくなったな」と感じるのではないでしょうか。

 

 

ストーリのある絵本を楽しもう

 

3歳になるとおしゃべりが上手になり、いろいろなことを話してくれるようになります。

 

頭の中のイメージを、言葉にしたり

逆に、言葉から頭の中でイメージをしたりすることができるようになります。

 

絵本でもストーリーのある絵本が面白くなります。

絵と言葉から、頭の中でイメージを膨らませ、絵本の世界を楽しめます。

 

そんな3歳の子に、いろいろな楽しいお話を読んであげたいですね。

 

【1】 どうぶつしんちょうそくてい

 

動物園で、身長測定を行うお話です。

 

 

幼稚園や保育園では、毎月、身長体重測定を行う園が多いですね。

身長や体重を測ることが身近な出来事になります。

 

様々な動物が、いろいろな方法で身長を測ったり、測れなかったり!?

絵本の背表紙まで、楽しんでくださいね。

 

体重測定もあります。

 

 

【2】 バルバルさん

 

バルバルさんの床屋に、ある日動物がやってきます。

ライオン、ワニ、羊・・・

次々とやってくる動物に驚きながらも、素敵な髪型に仕上げていきます。

 

 

髪を切る時や、遊びの中で「バルバルさんの床屋ごっこ」をしても楽しいですよ。

 

 

【3】 つみきでとんとん

 

こびと達が積木で遊ぶお話です。

絵本を見ながら、真似して積木あそびをするのも楽しいですね。

 


途中で、積木が崩れてしまい全部壊れてしまうのですが

「あーあ、ぜんぶこわれちゃった。」「さいしょからやりなおし」と

こびと達は、挫けることなくもう一度挑戦し、たくさんのものを作っていきます。

 

失敗しても、もう一度挑戦すればいいんだということをさりげなく教えてくれます。

 

 

【4】 おふろだいすき

 

ある日、男の子がお風呂に入っていると・・・

大きなカメが現れます。ペンギン、あしか、カバにクジラ・・・


可愛らしくも、リアルなイラストで絵本の世界に引き込まれます。

少し長いお話ですが、

ストーリーと絵本の世界観に魅せられて、夢中で見る姿に成長を感じます。

 

 

【5】 ねずみくんのチョッキ

 

有名な絵本、ロングセラーの絵本ですね。

 


お母さんが編んでくれた赤いチョッキを嬉しそうに着ているネズミくん。

友達の動物達が、

次々と「ちょっと貸して」とねずみ君のチョッキを着ていきます。

チョッキはどうなるのかな・・・?

 

シンプルなイラストが、動物達の大きさや表情をうまく引き立てています。

 

【6】 ぶたのたね

走るのが遅いオオカミは、いつも逃げられてしまうのでブタを食べられません。

そこで、「ぶたのたね」を植えました。

 

 

たくさんのブタの実がなって・・・

ユーモアで楽しい1冊です。

 

 

【7】 コンビニエンスドロンパ

 

3歳になると、「おばけ」が好き という子も多いですよね。

怖いけど、興味がある。

そんな子におすすめの絵本です。おばけたちのコンビニエンスストアのお話です。

 

 

【8】 おばけのてんぷら

 

こちらもおばけの絵本。

うさこが天ぷらを作っていると、美味しそうな匂いに誘われておばけがやってきます。

見つからないように、こっそりつまみ食いをしていると・・・?

 

 

 

【9】 かばくん

 

動物園のかばくんのお話です。

のんびり、ゆったりしたかばくんの1日に癒されます。

魅力的なかばくんのファンになってしまいますよ。

 

かばくん側からの視点で描かれているのも、新鮮ですね。

 

 

 

【10】 どうぞのいす

 

うさぎさんが小さないすを作り、「どうぞのいす」という立て札と一緒に木の下に置きました。

ロバさんがやってきて、椅子に持っていたどんぐりを置いてお昼寝。

その間にくまさんやってきて、「どうぞ」ならとどんぐりを食べて、代わりに蜂蜜を置いておきます。

次々と動物達がやってきて・・・

 

 

 

【11】 ぐりとぐら

とても有名な絵本ですね。いつでも子ども達に人気な絵本です。

大きな卵で、大きなカステラを作ります。美味しそうな匂いに誘われて

たくさんの動物も食べにきます。

 

 

 

【12】 てぶくろ

こちらもベストセラー絵本。

おじいさんが落としていった片方の手袋に、次々とやってきて住み着いていく動物達。

 

3歳児にはストーリに繰り返しがあるものがおすすめ。

「次に来るのは誰だろう」とワクワクしながら楽しめるお話です。

 

 

【13】 三びきやぎのがらがらどん

 

ちょっと怖い、でもそのスリルがたまらない。

 

 

 

友達との関わりが広がる3歳児におすすめの絵本

 

集団での生活が始まり、友達との関わりも増える年齢です。

友達が好きで、遊びたいけど

まだまだ自分が中心、の年齢です。

 

絵本を通して、友達の良さや友達との関わり方を自然と吸収していきます。

 

【14】  ゴリラのパン屋さん

 

ゴリラがパン屋さんを開きました。

ゴリラの大きな声や歯にびっくりしてお客さんはパンを買わずに逃げてしまいます。

ゴリラは一生懸命考えて、素敵なパン屋さんになります。

 

ウサギ達がパンを買っていると、キツネがやってきます。

いばりんぼうのキツネで、順番を待たずにパンを買おうとします。

どうなるのでしょうか?

 


いばりんぼうだったキツネの、

最後のページや背表紙で描かれている様子に、ほっこり優しい気持ちになります。

 

【15】 しんせつなともだち

 

食べ物のない冬、雪の中で2つのかぶを見つけたうさぎ。

1つはすぐに食べて、もう1つは友達のロバのところへ持っていってあげます。

ロバもまた、友達の羊さんへ届けてあげます。

 

友達を思いやる優しい気持ちが繋がっていくお話です。

 


 

世界を楽しむ、シリーズ物の絵本

 

お気に入りの絵本や、以前読んでもらった絵本を覚えるようになり、

シリーズ物の絵本を喜ぶようになります。

 

 

【16】 11ぴきのねこ

 

とらねこ大将と10ぴきののらねこたちは、いつもお腹を空かせています。

食べ物を求め「怪物みたいに大きな魚」がいる、という大きな湖に出かけます。

 

そして、大きな大きな怪魚に出会い、作戦を立てて飛びかかります

面白い展開に、心躍る1冊です。

 

 

 

11ぴきのねこ、シリーズ絵本6冊セット

 

【17】 14ひきのあさごはん

 

14ひきのねずみ家族のお話。

喧嘩したり、こぼしたり、賑やかな朝ごはんの様子が描かれています。

 

1匹1匹の動きや表情が、とても可愛くて、じっくり見て楽しめます。

 

登場人物のねずみたちが可愛くて、シリーズの絵本、全部読みたくなります。

 

14ひきシリーズ 12巻セット

 

 

【18】 どんぐりむらのどんぐりえん

 

どんぐりむらのお話です。

いろいろな姿のどんぐり達が可愛いです。

 


「見て、このどんぐりさん、〜してるね」と楽しむ子どもの姿が見られます。

 

パン屋さん、帽子屋さん、おまわりさんなど

どんぐりむらの可愛い街の様子が描かれています。

 

どんぐりむらシリーズ7巻セット


 

大きくなった自分を喜ぶ絵本

 

幼稚園入園や、保育園で幼児クラスへの進級など環境が変わり

子ども自身も、自分んが大きくなったことを実感し、喜びと戸惑いを感じる年齢です。

 

【19】 おおきくなるっていうことは

 

大きくなるということはどういうことなのか、を知ることができる絵本です。

自分の成長にも興味が出てくる3歳児におすすめです。

 

 

 

【20】 もったいないばあさん

 

いろいろなことが分かるようになる3歳。

生活の仕方も、たくさん吸収し身につけていきます。

そんな時期だからこそ、知って欲しいこと

水の出しっ放しや、食べ残しなどの「もったいない」ということ。

 

 

もったいないばあさんのキャラクターも面白く、楽しく自然と学べる絵本です。

 

 

 

今回は3歳児向けのおすすめ絵本20選をご紹介しました。

 

他の年齢のおすすめ絵本はこちら

2歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

続きを見る

5歳向け保育士のおすすめ絵本
5歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

続きを見る

 

 

3歳児が親しみやすい絵本をご紹介しましたが、

絵本には、決められた年齢はありません。

 

子どもが好きな絵本を、好きなだけ楽しんでくださいね。

 

子どもとの絵本タイムが、楽しい時間になりますように。

 

-子育て
-

Copyright© 楽らく知育ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.