子育て

2歳向け保育士おすすめ絵本20選【保育園で人気のある絵本】絵本が好きになる

 

絵本ってたくさんあって、どれを選んであげたらいいのか分からない
子どもに絵本を好きになってほしいな。

2歳の子どもにおすすめの絵本を知りたい!

 

 

保育士5年以上の経験を持ち、

たくさんの絵本を子どもたちに読んできました。

 

子どもによって絵本の好みは様々ですが、

「この絵本は、いつでも子どもに人気だな」という絵本を保育士目線で紹介します。

 

定番の絵本から

定番を読み終えた方向けの絵本まで

 

保育士として子どもに読んであげたい絵本20選。

 

絵本の読み聞かせも楽しくなる。

プレゼントにもおすすめの絵本。

 

LiLIアイコン

この記事の作者

  • 保育士経験5年以上、現役子育てママ
  • 頑張らない育児なのに、子どもはバイリンガル
  • 自宅には絵本80冊以上

 

2歳児の【発達・興味・関心】にぴったりの絵本を選ぼう

 

2歳になると、言葉も多くなり

「一丁前に話すようになったな」と感じることも多くなります。

大人の話も状況もよく分かっていますよね。

 

歩行も安定し、走ったりジャンプしたりと活発に活動するようになります。

 

赤ちゃんをついに卒業したか、と思ったら

「イヤイヤ」とひっくり返って泣いて暴れて、ため息をつきたくなることも多くなります。

 

いろんなことに興味が出てきたからこそ、

あっちへこっちへ、泣いて、笑って、怒って

そんな目まぐるしい2歳児と

ほっとしたり、ワクワクしたり

楽しい絵本の時間を過ごしましょう。

 

 

ストーリのある絵本

いろいろなことを理解できるようになった2歳児は

絵本でもストーリのあるものを理解し、楽しめるようになります。

身近な話、ちょっと冒険するようなドキドキする話、繰り返しのある話がおすすめです。

 

【1】 おおきなかぶ

 

超定番、昔からのロングセラー絵本。

小さい頃に読んでもらった記憶がある方も多いのではないでしょうか。

 


「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声を一緒に楽しみましょう。

カブが抜けるのを、今か今かと、ドキドキワクワクしながら待っています。

 

保育園でも何度も読みますが、

「飽きた」という声は聞こえてきません。

 

絵本が始まると、

掛け声を楽しんだり、「次はネコだよね」などと友達と話したりする姿も見られます。

何度でも楽しめる絵本です。

自分も絵本の世界に入りこんで、一生懸命カブを抜こうとする子どもたちは可愛いですね。

 

【2】 おでかけのまえに

 

家族でピクニックに出かける日のお話しです。

 


ピクニックが楽しみで、準備の間にあれこれしてしまう女の子がかわいいです。

 

子どもにとって身近な題材で、親しみやすいお話です。

 

この絵本を読むと、ピクニックに行きたくなりますね。

ピクニック前日にはぜひ、読んであげてください。

 

【3】 つのはなんにもならないか

 

鬼の子どもたちが、森に冒険に行くお話。

ゾウやライオンに食べられて・・・

 


冒険のドキドキワクワク、

そして食べられてしまってどうしようという不安。

 

スリル感が楽しい絵本です。

 

この絵本のシリーズ


こちらもおすすめ。

お母さんが買い物に出かけてしまっていない。

思い当たるところに電話をかけていくと・・・

 

 

あかたろうシリーズ3冊セットはこちら

あかたろうシリーズは、保育園でも大人気!

内容や文章を覚えて、自分で何度も読んで楽しむ子も多いですよ。

 

 

【4】 まてまてタクシー

 

タクシーに忘れ物をしてしまったハットさんが、

坂道を転がったり、犬に聞いたりしながらタクシーを追いかけます。

 


たくさんのタクシーが出てくる場面では

ハットさんが乗っていたタクシーを探すのも楽しい。

無事にタクシーに追いついて、忘れ物を取り戻せるかな!?

 

 

 

ストーリー × 興味のあるものでより絵本に親しむ

 

2歳になると、子どもの「好きなもの」が出来ますよね。

 

ままごと、電車や車、動物など、子どもの「好き」から絵本を選んでみるのもいいですね。

 

「好き」× 「お話」で より絵本が楽しくなりますよ。

 

 

 

ままごと、お料理、食べ物好きな子におすすめ!

 

【5】 おまかせコックさん

 

こびとたちが、お料理を楽しみます。

りんご、バナナ、きゅうり、たまご・・・

何ができるかなとワクワクしながら、料理の様子を楽しめます。

 

 

美味しそうに描かれた食べ物に、お腹も空いてきますよ。

大きなサンドイッチを食べるのは!?

 

 

【6】 おしくらまんじゅう

 

おしくらまんじゅうの言葉遊び

「おしくらまんじゅう おされて・・・」

 

たくさんおされたまんじゅうは・・・!?

 


人気絵本「だるまさん」シリーズの著者、かがくいひろしさんの絵本です。

 

 

【7】 たまごさんがね・・

 

ポトンと落ちた卵が、コロコロ転がって・・・

割れちゃった。どうなるのかな!?

 


身近な食材で、親しみやすく楽しい絵本。

 

 

たくさんのシリーズがあります。気に入ったらぜひ、シリーズのお話も楽しんでくださいね。

 

「おいしいともだち」シリーズ


 

他にもたくさんあります。全部読んでみたくなりますね。

 

 

【8】 やさいのパーティーおおさわぎ

 

キャベツ王子とトマト姫、野菜たちがパーティーを開きます。

最後に出てくるマヨネーズが・・・

 

 

この絵本を読んだ後に、子どもと一緒にサラダ作りを楽しんでみてください。

野菜嫌いな子も、食べてくれるかも!?

 

保育園などでは、オペレッタとして楽しむことも多いです。

 

 

 

動物好きな子はこちらがおすすめ

 

【9】 わにわにのおふろ

 

ワニがお風呂に入るお話。

ユニークなワニと、身近なお風呂という題材で子どもたちに大人気。

 

 


わにわにシリーズ、こちらもおすすめ


 

 

【10】 どろんこハリー

 

お風呂が嫌いで、家を飛び出した犬のハリーが

あちこちで遊んで真っ黒になってしまいます。

 

子どもらしいハリーに自分を重ね合わせるかもしれません。

 

色合いは3色のみで落ち着いた雰囲気ですが、登場人物の表情を楽しめる1冊です。

 

 

【11】 バルボンさんのおしごと

 

こちらもワニのお話。

ワニのバルボンさんのお仕事は、動物園で子どもたちを喜ばせること。

 

 

動物達の出勤の様子がかわいい、仕事の後は・・・!?

とてもかわいらしい絵本です。


こちらもシリーズ物。

ぜひ、全部読んでみてください。

 

【12】 しろくまのパンツ

 

しろくまさんがパンツをなくしてしまって、ネズミくんと一緒に探すお話です。

いろんなパンツを「誰のかな?」とめくっていくのが楽しい1冊。

 


オチもかわいらしいですよ!お楽しみに。

 

 

電車・車好きな子におすすめ

 

【13】 せんろはつづく

 

かわいいこびと達が、線路を作って電車を走らせていきます。

 

電車遊びが好きな子は、この絵本のこびとになったつもりで見るのでしょうか。

 

 


保育園でも人気がある絵本です。

絵本を見ながら真似て、線路をつなげて遊ぶ子もいます。

 

読み聞かせると、

「山があった。どうする?」に「トンネルー!」と嬉しそうに答え、楽しんでいます。

 

「せんろはつづく」シリーズ、全部集めたくなりますね。


 

 

【14】 おたすけこびと

 

工事車両が大好きな子は、大喜び間違いなし。

 

 


工事車両でも、作るものは建物ではありません。

バター?小麦粉?卵?

何ができるのかな・・・?

 

こびとたちも、いろいろな仕事をしているのでじっくり楽しんでみてください。

おたすけこびとシリーズもたくさんあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

「イヤイヤ」や「自分が」という自己主張の時期

 

「魔の2歳児」とも呼ばれる2歳児。

「イヤイヤ期」真っ只中という子も多いですよね。

 

自己主張が強くなって、泣いたり、怒ったり・・・

イヤイヤ期
「イヤイヤ期」って何?【イヤイヤ期の期間・対応を保育士が解説】

続きを見る

 

そんな2歳児におすすめの絵本をご紹介します。

 

「あれ、これって僕のこと?」と感じるのでしょうか?

 

でも、「こうしてたら、こうなっちゃうんだよ」など読み終わった後に

否定的なことを言わないようにしましょう。

何も言わなくても、子どもは絵本からいろんなことを感じています

子どもが、感想を言ってきたら「そうだね〜」とたくさん共感してあげましょう。

 

 

【15】 いやだいやだ

 

せなけいこさんの定番絵本ですね。

1歳の時にもう読んだという方も多いのではないでしょうか。

ぜひ、もう一度読んでみてください。

以前読んだときとは違う反応がみられるかも。


読み終わるとつい、

「○○ちゃんも、イヤイヤばっかりしていると、おやつもイヤイヤするよ」

など言いたくなりますが、そこはグッと我慢。

 

絵本の世界を純粋に楽しみましょう。

 

 

【16】 ノンタンぶらんこのせて

 

ブランコに乗っているノンタンに、友達が次々と「かして」と言ってきます。

ノンタンは「やだよ」と独り占め。

 

 

でも、みんなで数を数えてあげると

順番を代わることができます。

 

「1、2、3・・・10。おまけのおまけのきしゃぽっぽ、ポーとなったらかわりましょ」

保育園でも友達と順番を代わる時に、よく歌います。

 

待つ側も楽しく待てて、代わる側も気持ちよく順番を代わることができます。

 

 

【17】 ごめんやさい

 

かわいい野菜ちゃんたちが、楽しく遊んでいます。

その中で「ごめんなさい」というべき場面が・・・

 


「ごめんなさい」ってなかなか言うのに、勇気がいるし、プライドも邪魔をする。

「悪いことしちゃった」とわかってはいるけど、なかなか素直になれないもの。

 

「ごめんやさい」なら、言えるかも。

 

「ごめんなさい」が言えると、

仲直りできたり、楽しくなれる、素敵な言葉だと気付ける絵本です。

 

野菜シリーズの絵本


他にもたくさんありますよ。

紹介し切れないですが、

ぜひすべての絵本、読んでみてくださいね。

 

生活習慣を身につけていく時期だから、おすすめ

 

着替え、食事、トイレ、少しずつ自分でやることが増えていきます。

2歳は、基本的生活習慣を身につける大事な時期です。

絵本で、楽しく、「やりたい」と言う気持ちに。

 

【18】 はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう

 

歯ブラシが、列車になって歯をを綺麗にしてくれます。

 


「はみがきれっしゃ、しゅっぱつしんこう!」で仕上げ磨きも楽しみましょう。

 

【19】 おやすみなさい

 

「まだ遊びたい」「寝ない」と言うことも多くなる2歳。

 


かわいいイラストと、「おやすみなさい」とお布団をかけてあげることで

あたたかい気持ちになります。

 

この絵本を読んで、自分も「寝よう」と気持ちよく眠ることができます。

 

大事なおもちゃも、ちゃんと眠っていますよ。

 

 

きょうだいが生まれた子には、この絵本を

 

【20】 ちょっとだけ

弟が生まれたなっちゃん。

お母さんが弟のお世話で忙しいので、いろんなことを自分でやろうと頑張ります。


お姉さんになろうとするなっちゃんの姿に、涙が止まらないかもしれません。

この絵本を読んだ後は、上の子をギューッと抱きしめてしまいますよ。

 

 

 

今回は2歳児向けのおすすめ絵本20選をご紹介しました。

 

2歳くらいの子どもが、楽しみやすい絵本を選びましたが

絵本は、決められた年齢はありません。

 

子どもが好きな絵本を、好きなだけ楽しんでくださいね。

 

子どもとの絵本タイムが、楽しい時間になりますように。

-子育て
-

Copyright© 楽らく知育ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.