子育て

保育園の選び方。園見学で見るポイント【保育士解説!後悔しない選び方】

 

 

妊娠中の方、子どもを保育園に入れようと考えている方、保活って不安ですよね。

 

保育園に入れるかな。職場復帰できるかな。

そもそも保育園ってどうやって選べば良いんだろう・・・

保育園入園までの道が、茨の道に見えますよね。

 

保育園ってどうやって選んだら良いんだろう。

園見学をすることになったけど、どこを見たらいいのかわからない。

 

保育園のことをよく知っている保育士が、

保育園の事情を踏まえて、保育園の選び方のコツを教えます。

 

保育園の見学時に見るべきポイント、

自分ではなかなか気がつかないチェックポイントまで、詳しく解説します。

 

せっかくの園見学を無駄にせず、ポイントをおさえて見ましょう。

子どもと親にとって、いい園を選びましょう。

 

 この記事の作者 LiLi

  • 保育士経験5年以上の現役子育てママ
  • 子どもは理想の園に出会い、
    日々楽しく通い、成長しています
  • 頑張らない育児なのに子どもはバイリンガル

 

 

 

保育園の種類と特徴

 

保育園といっても、様々な種類・形態があります。

下記の表で、まずは基礎知識を頭に入れてみましょう。

 

  認可保育園 認可外保育園
(認証保育園:東京都 *1)
特徴

国が定めた基準を満たしている
(面積、職員配置人数、有資格者人数、設備 等)
・自治体に認められた園
・公立と私立(社会福祉法人や企業など)がある

・園独自の方針によって運営されている。
申し込み方法 各自治体に申請、審査により決定 園との直接契約
申し込み条件

保育に欠ける
(保護者の就労・修学・療養・介護など)

誰でもOK
開園時間 自治体によって決められた時間
かつ、就労時間に合わせた時間の利用
園によって様々
利用時間は園と契約した時間内
利用料金 収入により計算される 園として金額を提示している
*利用日数や時間によって料金が違うことが多い
*自治体からの補助がある場合もある
メリット ・国が定める基準を満たしている
・認可外と比較して保育料が安いことが多い
・園庭がある
(代替え公園の場合あり)
・入園の条件がない
(働いていなくても預けられる)
・保育時間や保育日数 柔軟に対応
・園によって、様々な保育方針がある
・自分で園を選ぶことができる
デメリット ・自治体の審査によって入園できるかどうか、入園する園が決まる
・保育時間や保育日数は自治体で決められた範囲内となる
・希望は出せるが、入園する園は自治体が決めた園となる
・保育料が高い
・施設の広さや、園庭の有無、職員の人数、有資格者の人数などにバラつきがある

*1 認証保育園は、東京都独自の基準を満たしている保育園です

 

認可保育園だから、絶対安心、良い保育園

認可外保育園は危険な保育園というわけではありません。

認可外保育園でも、それぞれ良さがあり素敵な保育園もたくさんあります。

しっかり見学し、安全かどうか、子どもや保護者自身に合うかどうかよく見極めましょう。

また、現在働いておらず、これから働きたいと思っている方や、就労時間が短い方などは

認可保育園に入ることは難しいですが、

認可外保育園なら就労状況などは関係ないので入園することができるかもしれません。

*認可保育園は、保護者の就労状況等によって、指数が決まり

その指数の高い人から入園できるようになっています。

 

 

認可保育園・認可外保育園の特徴を捉え、ご家庭に合う保育園を選んでくださいね。

保育園の選び方と手順

保育園の種類と特徴

 

保育園の種類と特徴がざっくり分かったところで、

保育園の選び方について解説していきましょう。

 

 

1. 保育園のリストアップと見学前にチェックすること(下調べ)

認可保育園に申請する場合、入園希望の園をいくつか記入することになります。

 

自治体によって、入園希望の園をいくつ記入できるかは異なります。

多くは5〜10園程度ではないでしょうか。20園という自治体もあるようです。

やはり、1つの園しか希望を出さないと入園できる可能性が低くなってしまうので

多くの方はいくつか希望園を書くことになるかと思います。

そのため、何箇所も見学に行くという方も多いかと思います。いわゆる保活ですね。

 

まずは、保育園をリストアップし、事前に調べておきましょう。

 

 

 

場所

・通いやすさ

・徒歩・自転車・車、バスや電車などの登園手段。

駐車場の有無や、雨の日の場合も合わせて考えましょう

近いに越したことはないですが、近いからだけで決めるのはちょっと待ってください。

規模

・定員 (自治体や園のHP、冊子などで確認できます)

1クラスあたりの定員などは分からないこともあるので、

分からない時は見学時に聞きましょう

・毎年の募集人数 (定員 ー 進級する人数)

*引越しなどによる転園等によって前後します

 

0歳児10人、1歳児10人の定員であれば

1歳児での募集がそもそもないということもあります。

自治体によってはHP上で情報が公開されていることもありますが、

分かりにくいことも多いので一度、一度役所に話を聞きに行くと良いかもしれません。

 

また、0歳児保育を行っていないという園もあります。

0歳児保育でも、生後何日から、何ヶ月からと決まっているので要チェックです。

運営主体

認可保育園でも、公立、私立の園があります。

私立でも、社会福祉法人のところ、企業が行っているところなどがあります。

どこが良いというのは、一概には言えません。

 

公立であれ、私立であれ、しっかり見学して園の雰囲気をつかみ

ここが良いという園を見つけましょう。

 

参考までに、公立園と私立園のメリットやデメリットをお話しします。

 

公立保育園の特徴、メリット・デメリット

公立は自治体が運営しているため、

ある程度の保育の質や職員体制、園の環境などが整っているかと思います。

 

採用時にも、採用試験があるのである程度の常識や技術はあるかと思います。

また、公立は職員の異動があるため、特定の保育士が力を持って、

その人のカラーに園が染まっていくという危険性が少ないです。

実際、私は6年ほど公立で働いていました。

異動があることで、たとえ苦手な保育士がいても、

数年すれば自分か相手が異動するというのが、良かったです。

 

また、職員が毎年入れ替わることで、園の空気も入れ替わり

それぞれ、他園で経験した良いところを出し合って

園自体がどんどん成長していく様子を肌で感じました。

デメリットとしては、ルールなどがある程度決められていて、

要望等を出してもなかなか園独断では柔軟に対応できない点があるかと思います。

私立保育園の特徴、メリット・デメリット

 

私は、私立の園での経験も2年ほどあります。

実習等も含めれば、多くの園を見てきました。

私立園は、園によって教育方針が本当に様々です。

体操教室や英語教室などを取り入れているところもあります。

また、公立よりは独自の決定権があるので、

保護者からの要望などにも柔軟に対応や検討がしやすいということもあります。

一方で、園庭がなく代替えの公園としているところも都心などでは多いかと思います。

 

おもちゃの量や質も、園によって本当にバラバラです。

木のおもちゃを取り入れたり、

子どもの発達をよく考えておもちゃを用意している園もあれば

1クラスのおもちゃが、家庭より少ない・・・という園まであります。

 

こういった部分までは自治体の審査などはないので、差が大きいです。

また、人材に関しても差があります。

もちろん、とても優秀で素敵な保育士もたくさんいますが

慢性的な保育士不足により、

応募があれば即採用するという園が少なくないのも事実です。

最近は、企業が参入してきました。

企業ならではの良さもたくさんありますが

まだ、その企業自体が保育の知識や専門性が低いこともあります。

なかなか内部までは、

通ってみないと分からない(保育士も働いてみないと分からないことが多い)

ので、判断は難しいのですが

見学時に、とにかくよく見ることと、

疑問があれば質問し、少しでもその園の状況を知る必要があります。

 

 

これらのことをふまえて、

近隣の保育園をリストアップし

良いところや、ちょっと気になること、質問したいことなどを出しておくと

園見学時に、

「なんとなく見て終わってしまった」ということを避けられるでしょう。

 

 

2. 園見学を申しもう

リストアップと下調べが終わったら、園見学を申し込みましょう。

基本的には、各園に電話をして見学の予約を取ることになります。

園によっては、見学日を設けています(第1、3火曜日など)

「見学できなかった」とならないように、余裕を持って見学の申し込みをしましょう。

見学の時間は、園から指定されることが多いと思いますが

できるだけ子どもが活動している時間に見学させてもらいましょう。

子どもが実際に遊んでいる様子、子どもの表情や保育士の接し方まで見ることができます。

 

10:00〜11:00頃がベストかと思います。

 

 

 

3.園見学をしよう。【見学で見るべきポイント】

 

 

 

1.園庭の有無

園庭があるのか、代替えの公園となっているのか、

また、園庭の広さや遊具などもチェックしましょう。

園庭の有無は、非常に重要なポイントだと思います。

0〜2歳児に関しては、公園等でも問題はないかと思いますが、

3才以上に関しては、園庭があることの意味は本当に大きいです。

まず、公園まで歩いていくことになるので、

その往復の時間を考えると、公園で自由に遊ぶ時間は短くなります。

全員の子どもが登園し、健康チェックや水分補給、トイレなどを済ませると

出発時間は早くて9:30。10:00頃になるのが一般的です。

そして、給食は11:30頃。

 

歩いて保育園に戻って、

手洗いやトイレ、給食準備まで考えると・・・

戸外で遊ぶ時間が限られてしまうことがわかるかと思います。

何か、室内で制作などの活動した日には、

時間が足りず、戸外に出られないことも多いです。

園庭がある園であれば、短い時間でも、パッと園庭に出て遊ぶことができます。

また、公園でも戸外遊びはできますが、あくまで公園です。

近所の人がいれば、近所の人に迷惑をかけないように遊ばなくてはいけません。

思いっきり、鬼ごっこをしたくても・・・よちよち歩きの子がいたら?

 

保育士も「小さい子もいるからね。気をつけて走ってね」

と言わざるを得ません。

年長では盛り上がる、ドッチボールやサッカーもできません。

暑くなってきたら、

水をたくさん使って砂遊びやどろんこ遊びもしたいですが、

これもできません。

公園が泥だらけになっては、ダメですよね?

 

子どもも泥だらけになったら、公園でシャワーは浴びれません。

園まで、歩いて帰ることを考えると、

あまり、汚れないように声をかけなくてはなりません。

 

 

泥遊びなんて、保育園時代の特権です。家庭でもなかなかやらないですよね。

1度は経験させてあげたい遊びです。

公園では遊具で遊ぶことはできますが、

園庭がある園のように、三輪車や一輪車、竹馬、などを自由に使うこともできません。

子どもは、大きくなってくると「昨日の遊びの続きがしたい」と言うようになります。

 

例えば、どろだんごを作って、「ピカピカ光るどろだんごにしたい」という子。

園庭があれば、1日目に作ったどろだんごを、ビニール袋に入れて乾かないように保管。

翌日、キメの細かい砂をかけながら、磨いていく。

 

その中で、壊れてしまって泣いて、でも立ち上がってもう一度チャレンジして・・・

と、子どもにとって成長の塊なんですよね。

でも、園庭がないとどうでしょう。

 

「どろだんご作った。明日つづきやりたい。」

その思いに応えられるでしょうか?

もちろん、保育士としては応えてあげたいです。

しかし、そこは公園。園まで歩いて戻らなくてはなりません。

どろだんご1個なら

大事に包んで、保育士のリュックに入れることもできるかもしれませんが、

10人の子が、「保育園まで持っていく」と言ったら?

子どもの気持ちは尊重したいけど、保育士も2〜3人しかいない

道路を歩いて帰るため、安全を十分確保できる状態でなくてはならない、となると

「ごめんね」と言わざるを得ないのです。

パッと書いただけでも、これだけ園庭が必要な理由が出てきます。

 

本来は、すべての子どもが、同じ環境で育つ権利があるはずなんですが・・・

ここは、園の努力だけでは難しい、社会として考えていくべき問題ですね。

2. 保育士の表情、子どもとの接し方

保育園の良し悪しは、出会った保育士が90%といっても過言ではないくらい

どんな保育士がいるか、というのは重要です。

 

保育士自身がイキイキしていることが大事。

暗い顔をしていたり、 イライラしていたりする人に大事な我が子は預けられないですよね。

もちろん、見学時に見えるものは表面上のものではあるでしょう。

でも、その表面上すらヤバイところは、もうヤバイとしか言いようがないです。

保育士が、子どもとどう接しているのか

よく見てきてください。

3. 園長の人柄

保育園は組織が小さいので、閉鎖的空間になりがちです。

園長(そこのトップ)によって雰囲気が変わります。

直感的に合わないという園長だったら、考えましょう。

(公立園の場合は異動することもあります)

 

その園長のもとで働く保育士とも合わない可能性が高いです。


やはり、園長の方針についていけないと、保育士もそこの園で長く働けないのです。

4. 保育士の定着率

これは、聞かないと分からないので、難しいかもしれません。

質問できるようでしたら聞いてみてください。

 

知り合いの方がいれば聞いておきましょう。

保育園は、子どもにとっても、保護者にとっても園によって全然違うように

保育士にとっても、働きやすさ、保育の方針など園によって、本当に違います。

「より良い園で働きたい」と思うのは当然ですよね。

やはり、保育士が定着しない園は不安要素があるということだと思います。

 

また、ベテラン保育士と若い保育士の割合や、

有資格者の数なども確認できればしておきましょう。

 

 

保育園は、開園時間が長いので、交代勤務の園が多いです。

 

担任が、どのくらいクラスの子どもに関わることができるか

なども聞くといいかもしれません。

早番・遅番ばかりで、日中のメインの活動に担任がほぼいないという園もあります。

 

 

5. 園全体の雰囲気

見学に実際行って、なんとなく感じるしかないのですが、

園全体の雰囲気を感じましょう。

 

明るい?暗い?あたたかい?冷たい?

負のオーラが充満しているところは、絶対やめておきましょう。

6. 清潔感

子どもが日々を過ごす場所、清潔であることはもちろん大事ですよね。

でも、清潔だけではなく

その裏にこんな事情もある可能性があります。

クラスを受け持つ保育士は、子どもがいる時間子どもと向き合っているため

なかなか園内の掃除を行うことは難しいです。

 

園内の掃除が行き届いていない、ということは

職員の人数がギリギリなのかもしれません。

用務員や事務員・パートなど

既定の人数以外に人材がいるかどうか、安全な保育を行う上で重要なポイントです。

7. 子どもの表情

これは、説明するまでもないですが

子どもたちが、イキイキと遊べているかを見ましょう。

大人(保育士)の顔色を伺っていないか、わかる範囲で見てみましょう。

8. 好きな遊びを十分に行えるか

体操教室や、英語教室、リトミックなど、

様々な活動を取り入れる園も多くなってきています。

 

もちろん、子どもにとっても楽しく、

園に通いながら習い事ができるようでお得な気がしますよね。

もちろんそれを、選ぶポイントの一つにしてもいいですが、

 

「体操教室やっているからここの園にしよう」とそれだけで安易に決めるのは危険です。

 

カリキュラムが多すぎると、与えられたことしかできない子になってしまうこともあります。

 

字がかけたり、運動ができたり、という目に見えることは

分かりやすいので、注目しがちです。

 

しかし、幼児に一番大切なことは

 

自分に自信が持てる

自分の好きなことを見つける

好きなことに夢中になれる

納得いくまで追求できる

失敗しても諦めない

転んでも、立ち上がれる

 

など、“生きる力”です。

 

この“生きる力”の基礎を幼児期に得ることができれば、

その後の人生で、

困難にぶつかっても、力強く立ち向かっていけます。

 

ガチガチのカリキュラムの中で、考える暇も必要もなく、与えられたものをこなす

ルールに縛られ、レールから外れないように過ごした子は、

 

大きくなってから

与えられるものがなくなり、自分で見つけなければならなくなった時

何をしたらいいか、分からない

やりたいことがない

と、困惑することになります。

 

また、想像していたレールから外れてしまった時、

挫折してしまい立ち上がれなくなることもあります。

 

幼児期に“生きる力”を得るために、

自分で好きなものを見つけ、考え、工夫し、

時に挫折し、また挑戦するという経験が非常に大切です。

 

自由遊びの中で、子どもたちは自然に、この力をつけていきます。

自由遊びの時間の大切さを理解し、十分な時間を持ってあげましょう。

 

 

9. おもちゃ・絵本の充実度

 

 

リストアップ、下調べの項目の私立園の特徴・説明の中でも触れましたが、

おもちゃや絵本の充実度も見ておきましょう。

 

子どもの人数に、明らかに合っていないおもちゃで遊んでいないか。

 

遊びたいおもちゃを自由に選べず、

決められたおもちゃでしか遊べないという園も数少ないですがあります。

 

実際に私が見たことがある園で、

1クラス10人の子どもに、

レゴブロックの家庭用1つだけ出して遊ばせている園がありました。

(極端な例ですが・・・)

 

一人当たりにすると、ブロック3、4個しか使えません。

「何作ってるの?お城?」と声をかけたら、

「お城なんて作れないよ。ただの家」と答えた子どもに言葉を失ったのを覚えています。

 

大きなブロックや、人形ブロックをめぐって取り合い。

数分遊んだら、「順番、交代して」と言われ、友達にかさなくてはいけません。

 

おもちゃの貸し借りを学ぶことは大事ですが、

自分が満足もしていないのに、快くおもちゃを貸そうと思えるでしょうか?

 

 

 

10.  セキュリティ

 

防犯面も確認しておきましょう。

 

最近では、保育園のセキュリティも強化されていて、

カードをタッチしたり、指紋登録、インターフォンで顔の確認などを行っている園も多いです。

 

 

11. 慣らし保育の進め方や期間

 

園によって、慣らし保育のやり方も様々です。

 

慣らし期間が短いと、保護者にとってはありがたいかもしれませんが、

子どもにとってはストレスが大きいです。

預け始めのストレスは、大きな事故につながる恐れもあります。

 

 

12.お迎えの基準

 

保育園に預けると、避けて通れないのが

子どもの発熱などによる、お迎えの要請です。

 

園によって、

お迎え要請の基準(37.8度、38度など)が違うので、

確認しておくといいかもしれません。

 

 

13. お昼寝時のチェック体制

保育園ではお昼寝があります。

お昼寝の時間に、保育士が食事をとったり、休憩を取ることが多いです。

 

その際の人員や、見守り体制、

子どもの寝かせ方(うつ伏せ寝をしていないか)、呼吸等の確認を何分ごとに行っているか

 

など、聞いてみるといいかもしれません。

 

 

14.送迎時の親の準備や受け渡し方

 

保育園では、保護者がクラスまで子どもを連れて行くことが多いです。

乳児クラスでは、荷物の準備を保護者が行うことも多いでしょう。

 

朝の忙しい時間に、「大変」と思いますが、ここは重要なポイントでもあります。

 

保護者が中に入ることで、人の目があります。

外部の目というのは、重要で、

いつ見られていても大丈夫な保育を行うように

保育士も自然と意識し、質が上がって行くことになります。

 

小さな園では、玄関で子どもと荷物を引き渡すと言うところもあります。

広さの問題でしょうがないところもありますが、全く外部の人が入らない、

中の様子が見えないというのは、少し怖いですよね。

 

 

15.駐車場・駐輪場・ベビーカー置き場の有無

 

通うことを想定して、

駐車場・駐輪場・ベビーカー置き場の有無などを聞いておくと

いいかと思います。

 

駅に近い園なのに、ベビーカーが置けず、一度家に置きに行くというのは

時間のロスになりますよね。

 

事前に確認しておくと、通うことになった時に慌てずにすみます。

 

 

16.アレルギーの対応

 

アレルギーを持っているお子さんなら、アレルギーへの対応を必ず確認しておきましょう。

 

アレルギー除去食を提供してくれる園、お弁当持参の園など、対応が様々です。

 

17.看護師の有無

 

看護師がいるのか、

いるなら、常勤しているのかなども確認してみましょう。

 

自治体によって決まっている場合もあります。

 

18. 持ち物

 

持ち物、特に布団について確認しておくといいでしょう。

 

・布団使用か、コットと呼ばれる簡易ベット使用なのか。

 

布団ならば、レンタルなのか、持って行くのか。

布団の場合、布団、シーツ、掛け布団カバー、お漏らしシート、タオルケットなど持ち物が多くなります。

 

コット使用の園でも、0才や1歳では布団を使用するという園もあります。

 

・オムツについて

持ち込み:数枚ずつ名前を書いて持って行く or  おむつをパックごと預かる

廃棄:持ち帰り or 園で処分(有料のところもある)

 

 

 

19.行事や保護者会について

 

行事も園によって様々です。

特に保護者が関係する行事(親子遠足・参観会・誕生会など)を確認しましょう。

 

保護者会の有無も、聞けるといいですね。

 

20. 休みの日の利用について

 

保護者が仕事が休みの日の利用について、聞いておくといいかもしれません。

園によって対応はさまざまです

 

・NG 保護者が仕事のない日は、基本的に預からない

・OK 保護者が仕事が休みでも預かれる(8:30~16:30など時間指定がある園が多い)

 

もちろん、基本の方針であり、保護者の都合や子どもの状況によって

対応が異なることもありますが、そこは園と相談して行くことになるでしょう。

 

 

 

 

まとめ:保育園の選び方

 

 

長くなってしまいましたが、

保育園選びで、どこをみるべきか、

少し想像できたでしょうか。

 

自宅から通える範囲の園を、書き出し、

下調べをして

通えると思った園は、大変でも必ず見学しておきましょう。

 

見学しないと分からないことがたくさんあります。

 

園見学までに、それぞれの園のチェックリストを作っておき、

見学時に確認して記入しておきましょう。

 

 

すべての園の見学が終わって

希望園を決める時にとても役立つと思います。

 

 

園選び、とても大変ですが

 

なんとなくで選んで入園し、

「この園と合わなかった」と転園する方が大変かと思います。

 

ぜひ、この記事を参考に、

しっかり保育園を見て、いい保育園を選びましょう。

 

すべての子どもと保護者の方が、良い園にめぐり合いますように。

 

 

-子育て
-

Copyright© 楽らく知育ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.