知育

親子で楽しむ幼児・子ども向け【保育士おすすめカードゲーム10選】

 

室内で手軽に楽しめる、カードゲーム。

頭を使って遊べる、知育おもちゃとしても注目されています。

 

保育士経験5年以上の筆者が、おすすめのカードゲームをご紹介します。

 

 

カードゲームは楽しく遊びながら、様々な経験ができます。

 

  • ルールを守ること
  • 勝つ嬉しさ、負ける悔しさ
  • どうしたら勝てるのか、考え工夫すること

 

 

LiLIアイコン

 

この記事の作者

  • 保育士経験5年以上 現役子育てママ
  • 頑張らない育児なのに、子どもはバイリンガル

 

それでは、年齢別におすすめのカードゲームをご紹介します。

 

2・3歳向け おすすめカードゲーム

 

初めてカードゲームをする子に、おすすめのものをご紹介。

 

ティディメモリー

 

かわいいクマさんの形をしたカードで、神経衰弱遊びができます。

ティディメモリーカードゲーム

 

チョコやクッキー、グミになっていたり、いろいろな表情をしたクマさんなど絵柄も楽しめます。

まだ神経衰弱として遊べなくても、同じ絵柄を集めるだけでも楽しんでやっていますよ。

 

また、台紙を使って、型はめ遊びとしても使えます。

片付ける時も型はめ遊びができるので、子どもが進んで片付けをしてくれるのもいいです。

 

しっかりとした厚さなので、小さな子どもが繰り返し遊んでも壊れないのもありがたいです。

 

初めてのカードゲームにおすすめです。

 

 

 

虹色の蛇

 

虹色の蛇

基本の遊び方

カードを裏にして、順番に1枚ずつめくっていきます。

同じ色をつなげていき、胴体から尻尾まで1匹のヘビになればそのカードをもらえます。

最後のカードをめくり終わった時、持っているカードの数で競います。

 

基本のあそび方はありますが、
年齢によってルールを変更していろいろな遊び方ができます。

最初は、色を合わせて長い蛇を作って遊ぶのが楽しいですよ。

 

 

五味太郎 道のカード

 

人気絵本「きんぎょがにげた」で有名な、五味太郎さんデザインのカードゲームです。

 

 

基本の遊び方

まずは手札を6枚ずつ配ります。

残りのカードは「山」とします。

山からまずは一枚置いて、

「同じ色」「信号」「橋」「おじゃまカードとお助けカード」など絵柄を合わせてをつなげていきます。

自分の手札から出せるカードがなければ山から一枚とります。

一番早く、手札を全部使い切った人が勝ち

 

基本の遊び方は、まだ難しい年齢の子でもカードを並べて道を作っていくだけでも十分楽しめます。

 

 

バルーンズ

 

風船カードとアクションカードがあります。

 

基本の遊び方

風船カードを、5枚ずつ配ります。

アクションカードは「山」として、裏向きに重ね真ん中におきます。

順番にアクションカードを1枚ずつめくります。

アクションカードには、風船が割れるカードと、風船を膨らませてくれる復活カードがあります。

手持ちのカードがすべて割れてしまったら負けです。

 

アクションカードはストーリー性があって楽しいです。

例えば、黄色の風船は猫が爪を立ててしまい割れてしまいます。

バルーンズカードゲーム

カードを裏返すと割れたことになります。

復活カードが出たら、1枚風船を復活させられます。

バルーンズカードゲーム

*写真は旧版です

 

 

 

 

4歳向け おすすめカードゲーム

 

ハリガリ ジュニア

 

基本の遊び方

カードを平等に分けます。ベルは中央に置きます。

「せーの」でカードを1枚だし、同じカードがあったらベルを鳴らします。

一番早くベルを鳴らした人が、カードをもらえます。

手持ちのカードが無くなったら負けです。

ハリガリジュニアカードゲーム

同じ色でも、帽子を被っていないピエロもいて騙されそうになります。

なかなか同じカードが出ず、次か次かとドキドキ、ハラハラするゲームです。

 

ドブル キッズ

 

基本の遊び方

1枚のカードに、色々な動物の絵が6つ描かれています。

2枚のカードを見比べると、必ず一つ同じ絵があります。

同じ絵柄を早く見つけるゲームです。早く見つけた方がカードをもらうなどして、ゲームを楽しみます。

ドブルキッズカードゲーム

大人が本気でやっても、子どもの方が早く見つけることもあります。


しりとりぐるぐるカード

文字に興味が出てきたら、しりとりぐるぐるカードがおすすめ

しりとりぐるぐるカード動物

しりとりにして、並べていきます。全部並べると大きな輪ができます。

 

他にも「みのまわりのもの」バージョンもあります。

 

5、6歳向け おすすめカードゲーム

 

ハリガリ

4歳向けで紹介した、「ハリガリジュニア」の上級版です。

 

基本の遊び方

「ハリガリジュニア」と基本の遊び方は同じです。

こちらは、フルーツが描かれています。

同じフルーツの数が合計「5」になったらベルを鳴らします。

ベルを鳴らした人がカードをもらえます。

 

楽しく遊びながら、数や足し算の勉強になります。

 

キャプテン・リノ

 

基本の遊び方

ひとり5枚ずつ屋根カードが配られます。

順番に、壁を作ってから屋根カードを上に重ねていきます。最初に屋根カードが無くなった人が勝ちとなります。

ビルを崩してしまったら負けです。

 

「スキップカード」や「リバースカード」など様々な種類のカードがあります。

いちばんのドキドキポイントは、「キャプテン・リノカード」です。

「キャプテン・リノカード」を使うと、次の手番の人はスーパーヒーローのリノのコマをカードの上に乗せなくてはいけません。

 

 

 

ナインタイル

 

東大生が勉強の息抜きに遊んでいる、脳トレにとTVでも紹介され、人気になったカードゲームです。

 

 


基本の遊び方

手持ちの9枚のタイルを、お題のカードの通りに人より早く並び替えるゲームです。

動かしたり、ひっくり返したりしてお題のカードと同じになるようにしていきます。

 

なかなか、揃わないので、集中力が必要です。

右脳を使うと言われ、頭が良くなるカードゲームです。

子どもからお年寄りまで、家族みんなで楽しめます。

 

 

手軽にできるカードゲーム。

家族で楽しい時間を過ごしながら、頭を鍛えましょう!

 

-知育
-,

Copyright© 楽らく知育ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.